劇団SA-GA

劇団SA-GA

About us

<劇団SA-GA団体概要>

劇団SA-GAは、2019年5月に旗揚げしたばかりの劇団です。しかし、ほかの劇団と違うところは、構成団員が佐賀県内の劇団の主宰者クラスや看板役者、長年の演劇キャリアを持つ役者ばかりを各劇団の枠を超えて構成されているところです。いわゆる、佐賀県内の『究極の演劇ユニット』が劇団SA-GAなのです。

構成員は、代表が谷口文章<演劇経験30年超>(幕末・維新佐賀の八賢人おもてなし隊:島義勇役)、他 石丸聡史(Imagina-l)、いけうちしん(劇団とんとこパピィ副代表)、西正(西正劇場主宰)、青柳達也(さがドラマスクール主宰)、嵯峨賢成(演武衆blackseed)の6名+スタッフ4名の合計10名で構成されています。

<旗揚げのきっかけ>

佐賀には佐賀城本丸歴史館を拠点とした演劇ユニット「幕末・維新 佐賀の八賢人おもてなし隊」という<史実に基づく、佐賀の歴史と誇りを、後世に楽しくわかりやすく伝えていく演劇ユニット>が存在します。

劇団SA-GAの代表をはじめ、劇団SA-GAのメンバーはそこにも所属しているのですが、我々のファンになった小学5年生の男の子が「佐賀の八賢人も大好きだけど、竜馬さんや西郷さんが出てくるお芝居も観たいな。そしたら、もっと楽しいだろうな・・・。」と言ったのです。そこで、その言葉に対して、「ひとつ、大の大人達が本気になって、一人の少年の夢をかなえてやろうじゃないか!」ということで立ち上がったのが<劇団SA-GA>なのです。

旗揚げ公演「暁のかけら」

1st Production

〇場所・・・長崎街道沿いにある旧枝梅酒造の赤レンガ倉庫

〇テーマとあらすじ・・・物語は竜馬暗殺から始まる。すでに死後の世界にいた高杉晋助と竜馬は出会う。二人は、自らの死後の日本がどのような道を歩いていたのかを知るべく、時間旅行に出かける。そこで、大久保利通や大隈重信、板垣退助、伊藤博文らが様々な災難や困難に遭いつつも明治維新後の新しい日本を作り上げるために、命懸けの仕事をやり遂げたことを知る。そして、時代は令和へ。これから先はどうなるのか?彼らの魂はさらに時代の先を見守り続ける・・・。という話。

〇登場人物・・・坂本龍馬、高杉晋作、大久保利通、大隈重信、板垣退助、伊藤博文

〇上演日時

①令和元年10月12日(土)18:00

②10月13日(日)13:00、③18:00

※キャパ100席に対し①は満席、②は97席、③は96席が埋まりました。

〇お客様や関係者からの声・・・長崎街道沿いにある旧枝梅酒造の赤レンガ倉庫をよくぞ活用してくれた。これが街の活性化につながるように、ぜひ続編を上演するか、再演をお願いしたい。

劇団SA-GA 新着情報

What's new

よー走ったな…

まあ、今日もてっぺん超えだ。朝早くからみっちりと働いて帰宅したのは22時過ぎ。自分の過密なスケジュールと県内外 […]
Read More

初心を忘れないように

先日、八周年を迎えた我らが幕末・維新佐賀の八賢人おもてなし隊の佐賀女本丸歴史館にて毎週日曜日に開催されている歴 […]
Read More

秋めいてきた

台風が過ぎ去り、まだまだ日中は暑いものの、秋めいてきたように感じる。空の雲、虫の音、そよぐ風。セミの声もいつの […]
Read More

文化芸術の秋

今日も暑い日だった。汗ばむ背中をずっと感じていた。8月が終わってしまい、9月がやってきた。なんとも早い。これか […]
Read More

お問い合わせ

 劇団SA-GA代表 谷口文章
 090-6421-3175  taniguchi_chise@yahoo.co.jp